ページタイトル麻酔科

麻酔科(選択プログラム)

1.診療科(専門領域)

麻酔科

2.コースの概要

経験豊富な麻酔専門医または麻酔標榜医がマンツーマンで指導に当たり、患者の術前診察、術前検査の評価、麻酔計画の立案、麻酔の実施と術中の全身管理、覚醒時の患者評価、術後診察、術後患者管理を体験することにより、周術期の患者の全身管理学を学び、知識の蓄積と一連の麻酔技術を体得する。

研修指導責任者 診療部長(麻酔科)上田 敬一郎

3.取得資格

当医療センターは、日本麻酔科学会より麻酔指導病院として認定されており、300症例の麻酔経験または2年間の麻酔研修を経験することにより、申請によって厚生労働省認定の麻酔標榜医資格の取得が可能である。さらに学会への加入と麻酔経験を積み、審査試験に合格すれば、日本麻酔科学会認定の麻酔認定医・麻酔専門医の取得も可能。

4.長期目標

・ 患者の全身状態を的確に把握し、安全で確実な麻酔管理を行える基本的知識と麻酔技術を習得する。
・ 呼吸・循環を中心とした全身管理学を学び、基礎的な知識・技術を身につけて、緊急時・救急時にも即座に対応できる麻酔科医を目指す。
・ 麻酔科学の専門的知識を習得する。
・ 患者の社会的背景や精神的背景を理解し、チーム医療における医師としての役割を認識する能力を養い、コメディカルスタッフや患者家族とも良好な人間関係を築くことのできる資質を磨く。

5.習得手技

はじめは指導医の指導の下に、リスクの低い患者を対象に、全身麻酔法、硬膜外麻酔法、脊椎麻酔法などを習得する。さらに、一人で麻酔計画を立案し、それを確実に実行できるように研鑽を積む。麻酔中の突発的なアクシデントに対しても、冷静に対処しうるように知識、技能を確立し、経験を積む。基本となる習得すべき知識・技術は「麻酔科医のための教育ガイドライン-改訂第2版-(社団法人日本麻酔科学会編)を参考とする。

習得すべき技術
・ 気道確保:フェイスマスクによる気道確保、ラリンジアルマスクの挿入法、喉頭鏡を使用した気管挿管法、分離肺換気法、気管支ファイバースコープ操作技術。
・ 輸液路確保:末梢静脈確保、中心静脈確保(内頸静脈穿刺、鎖骨下静脈穿刺、大腿静脈穿刺)、輸液法と輸血法の理解と実施。
・ 動脈穿刺法:橈骨動脈や足背動脈、大腿動脈からの採血またはこれらの動脈にカニュレーションし、動脈血液ガス分析や動脈ライン確保の手技を体得し、ガス分析結果の評価及び病態の理解ができる。
・ 全身麻酔法:吸入麻酔薬、静脈麻酔薬、筋弛緩薬、循環作動薬の使用方法と禁忌。
・ 局所麻酔法:硬膜外腔穿刺術、くも膜下腔穿刺術、神経ブロック法、局所麻酔薬の使用方法と禁忌。
・ 術中全身管理法:患者監視モニターの使用方法とその評価及び病態の理解ができる。
・ 緊急時対応:異常低血圧、異常高血圧、大量出血、気道確保困難、換気異常(低酸素血症、高炭酸ガス血症)、心肺停止時など緊急時における対処法と緊急薬品の使用方法。
・ 周術期の患者全身管理法(人工呼吸管理・循環管理・血液浄化法・疼痛管理など)を習得する。
・ 感染管理や医療安全など臨床医としての基礎的な知識、技術を習得する。

6.研修期間

1から2ヶ月

7.募集人数

1名

8.診療科の実績と経験目標症例数

症例数と手術件数の調査年度

手術 件数(年間)
消化器一般外科 300
呼吸器・内分泌・血管外科 160
整形外科 350
泌尿器科 250
その他 10

9.診療科の指導体制

診療科医師数 常勤 3名
指導医師数 臨床研修指導医1名

10.コンセプト

・専門領域(麻酔科)とその関連領域の系統的な研修で、視野の広い麻酔科医を育む。
・呼吸・循環を中心とした全身管理学を学び、基礎的な知識・技術を身につけて、緊急時・救急時にも即座に対応できる麻酔科医を目指す。
・1~2年間の研修で麻酔標榜医を取得し、安全な麻酔の遂行、安楽な術後疼痛管理の施行、周術期の患者全身管理の施行によって、患者や家族に信頼される麻酔科医の養成を行う。
・麻酔科医を最終的に選択しない場合は、麻酔は現役の麻酔科標榜医または認定医、専門医、指導医もしくはその指導下でのみかけるべきであることを認識する。

11.一般目標

・周術期麻酔管理(術前・術中・術後の患者全身管理)が安全に行えること。
・重症患者管理(人工呼吸管理・循環管理・血液浄化法など)が安全に行えること。
・上記施行のために必要な知識・技術を身につけること。

12. 共通領域研修について

外科系カンファレンス
内科系カンファレンス
感染制御研修会
医療安全研修会
院内医師研修会
医師会研修会