ページタイトル循環器内科

内科:循環器内科(必修プログラム)

概要

当院の内科(必修)研修6 ヶ月では、一般内科4ヶ月、循環器内科1ヶ月、神経内科1ヶ月に分けてローテーションを行いながら研修する。このプログラムは循環器内科で1ヶ月の内科(必修)研修を行うためのプログラムである。

研修指導責任者 診療部長 福 木 昌 治

目標

米子医療センターGIO

将来遭遇しうるいかなる状況においてでも思いやりを持ちながら良質な全人的医療を行うために、米子医療センターでの研修を通じ、将来専攻する診療科にかかわらず臨床に必要な基本的診療能力(態度、技能、知識)を修得する。

一般目標(内科(必修)研修GIO)

将来遭遇しうるいかなる状況においてでも思いやりを持ちながら良質な全人的医療を行うために、主として循環器疾患の知識・診断・技術を習得することを通して、将来の専攻する診療科にかかわらずプライマリケアの臨床に必要な基本的診療能力(態度、技能、知識)を修得する。

一般目標(内科(必修)-循環器内科研修GIO)は上記の内科(必修)研修GIOに同じ

行動目標(内科(必修)-循環器内科研修SBOs)

★下記のEPOCで定める評価項目の達成とする。

EPOC で定める評価項目

1.循環器内科で必ず修得しなければならないEPOC 項目(マトリックス表で◎)

A-3-5 心電図(12 誘導) 負荷心電図
A-3-14 超音波検査
A-4-19 除細動

B-1 経験すべき症状、病態、疾患

B-1-5 浮腫
B-1-19 胸痛
B-1-20 動悸
B-1-21 呼吸困難
B-2-6 急性心不全
B-2-7 急性冠症候群

B-2 経験が求められる症状・病態

B-3-5 循環器系

(1) 心不全(3) 心筋症
(4) 不正脈 (5) 弁膜症
(6) 動脈疾患 (7) 静脈・リンパ管疾患
(8)高血圧症

B-3-6 呼吸器系

(4) 肺循環障害

2.循環器内科で修得するのが望ましいEPOC 項目(マトリックス表で○)

A-1 医療面接
A-2-1 全身観察
A-2-3 胸部の診察(乳房の診察を含む)
A-3-1 尿検査
A-3-3 血算・白血球分画
A-3-4 血液型判定・交差適合試験
A-3-6 動脈血ガス分析
A-3-7 血液生化学検査
A-3-8 血液免疫血清学
A-3-9 細菌学的検査・薬剤感受性検査
A-3-10 肺機能検査
A-3-15 単純X 線
A-4-11 ドレーン・チューブ
A-5-1 療養生活の説明
A-5-2 薬物療法
A-5-3 輸液
A-6-1 診療録作成
A-6-2 処方箋、指示箋
A-6-3 診断書、死亡診断書
A-6-5 紹介状、返信
A-7-1 診療計画作成
A-7-2 診療ガイドライン
A-7-3 入退院適応判断
A-7-4 QOL 考慮

B-1 経験すべき症状、病態、疾患

B-1-1 全身倦怠感
B-1-12 失神
B-1-34 尿量異常
B-2-1 心肺停止
B-2-3 意識障害

B-2 経験が求められる症状・病態

B-3-10 内分泌系

(5) 高脂血症

C 特定の医療現場の経験

C-1 救急医療(救急医療の現場を経験すること)

(1)バイタルサインの把握ができる。
(2)重症度、緊急度の把握ができる。
(3)ショックの診断・治療ができる。
(5)高頻度救急疾疾患の初期治療ができる。
(6)専門医へのコンサルテーションができる。

C-6 緩和ケア、終末期医療(臨終の立ち会いを経験すること)

(1)心理社会的側面への配慮ができる。
(2)治療の初期段階から基本的な緩和ケアができる。
(3)諸問題への配慮ができる。
(4)死生観・宗教観への配慮ができる。

3.全ての科で目標とする項目(マトリックス表では○)

Ⅰ.医療人として必要な基本姿勢・態度

(1)患者-意思関係、(2)チーム医療、(3)問題対応能力、
(4)安全管理、(5)症例呈示、(6)医療の社会性

方略(LS)

指導医数 臨床研修指導医1名
同時研修は各学年1 名を原則とする。
研修期間は1ヶ月。
OJT(On the Job Training)が主体。
担当の指導医とマンツーマンで研修する。
カンファレンス
心カテ症例検討会(心カテ症例の治療方針の決定) 週3回。

週間予定(月~金)

午 前 午 後 その他
外来・病棟診療 ペースメーカーチェック
外来診療 外来・病棟診療
外来診療・心エコー・心電図 負荷心電図・心カテ
病棟診療 心カテ カテカンファレンス
外来診療 病棟診療

評価(EV)

形成的評価(フィードバック)

知識(想起、解釈、問題解決)については随時おこなう。
態度・習慣、技能についても随時行う。
技能についてはチェックリスト、評定尺度の使用を推奨。
態度・習慣については観察記録の使用を推奨。