ページタイトル地域医療

地域医療(必修プログラム)

在宅医療を含む地域医療研修プログラム

[日南病院、日野病院における研修プログラム]

研修期間  1ヶ月
研修指導責任者 国民健康保険日南病院 院長 高 見  徹
研修指導責任者 日野病院組合日野病院 院長 櫃 田  豊

概要

地域医療の研修については、患者が営む日常生活や居住する地域の特性に即した医療(在宅医療を含む)について理解し、実践するという考え方に基づいて、へき地・離島診療所、中小病院、診療所等において行うものである。地域医療(必修)プログラムでは、現在のところ臨床研修協力施設(日南病院、日野病院)、で地域医療((必修)研修を1ヵ月間行うプログラムである。

研修指導責任者 統括診療部長 南崎 剛(プログラム責任者)

目標

米子医療センターGIO

将来遭遇しうるいかなる状況においてでも思いやりを持ちながら良質な全人的医療を行うために、米子医療センターでの研修を通じ、将来の専攻する診療科にかかわらず臨床に必要な基本的診療能力(態度、技能、知識)を修得する。

一般目標(地域医療(必修)研修GIO)

予防医学を含め、地域に根ざした全人的医療を行える医師となるために、地域医療の現場を経験することにより、臨床に必要な基本的診療能力(態度、技能、知識)を修得する。

行動目標(地域医療(必修)研修SBOs)

EPOC で定める評価項目の達成とする。

EPOC で定める評価項目

1.地域医療で必ず修得しなければならないEPOC 項目(マトリックス表で◎)

C 特定の医療現場の経験

C-2 予防医療(予防医療の現場を経験する)
(2)性感染症予防・家族計画を指導できる
(3)地域保健に参画できる
(4)予防接種を実施できる

C-3 地域医療(へき地・離島診療所、中小病院・診療所等の地域医療の現場を経験すること)

地域医療を必要とする患者とその家族に対して、全人的に対応するために、

(1)患者が営む日常生活や居住する地域の特性に即した医療(在宅医療を含む)について理解し、実践する
(2)診療所の役割(病診連携への理解を含む)について理解し、実践する。
(3)へき地・離島医療について理解し、実践する

C-4 周産・小児・成育医療(周産・小児・成育医療の現場を経験すること)

(4)地域との連携に参画できる

2.地域医療で修得するのが望ましいEPOC 項目(マトリックス表で○)

A-1 医療面接
A-2-1 全身観察

B-2 経験が求められる症状、病態

B-3-16 物理・化学的因子

(3) 環境因子による疾患

C 特定の医療現場の経験

C-1 救急医療(救急医療の現場を経験すること)
(6)専門医へのコンサルテーションができる
(7)大災害時の役割を把握できる

C-2 予防医療(予防医療の現場を経験する)

(1)カウンセリングとストレスマネージメントができる

C-4 周産・小児・成育医療(周産・小児・成育医療の現場を経験すること)

(2)発達段階に対応した心理社会的側面への配慮ができる
(3)虐待について説明できる
(5)母子手帳を理解し活用できる

3.全ての科で目標とする項目(マトリックス表では○)

I.医療人として必要な基本姿勢・態度

(1)患者-意思関係、(2)チーム医療、(3)問題対応能力、
(4)安全管理、(5)症例呈示、(6)医療の社会性

方略(LS)

研修期間は全体で1 ヶ月
研修施設との協議の結果、同時研修は各学年2名を原則とする。
臨床研修協力施設は、日南病院、日野病院である。
各研修医の希望を聞きながら、研修施設を選ぶ。
研修医毎に研修直前に協力施設から週間予定表が送られてくる。
協力施設の予定ならびに規則に従い、研修を行う。
年に1 回は、地域医療連絡会議を行う。
プログラム責任者がメール等で協力施設と随時連絡をとる。週間予定: 各施設が設定する。

評価(EV)

形成的評価
施設毎に独自に行う。問題が生じたときにはプログラム責任者に連絡する。
総括的評価(フィードバック)
各施設にEPOC 項目の評価を聞き取り調査し、総括責任者がEPOC 入力を行う。