ページタイトル救急

救急(選択プログラム)

[鳥取大学医学部附属病院救急部における研修プログラム]

概要

このプログラムは、救急医療における基本的臨床能力の修得を目標とする。 

研修指導責任者  救命救急センター長 本間 正人

目標

米子医療センターGIO

将来遭遇しうるいかなる状況においてでも思いやりを持ちながら良質な全人的医療を行うために、当院での研修を通じ、将来の専攻する診療科にかかわらず臨床に必要な基本的診療能力(態度、技能、知識)を修得する。

具体的目標(SBO)

   到達尺度  A:独立してできる、指導できる。
           B:殆ど独立してできる、必要に応じて指導できる。
           C:指導を受けながら自分でできる。
           D:手伝うことが出来る程度、殆どできない。

1.基本的手技の修得


目標

研修期間
1ヶ月 2か月 3か月
バイタルサインの把握ができる。
重症度および緊急度の把握ができる。
一次救命処置が指導できる。
気道確保
人工呼吸(バックマスクによる)
閉胸式心マッサージ
注射法ができる
皮内注射ができる。
皮下注射ができる。
筋肉内注射ができる。
輸液・輸血路の確保ができる。
末梢静脈での輸液路の確保ができる。
中心静脈へのカテーテル挿入ができる。
動脈へのカテーテル留置ができる。
外傷処置ができる。
圧迫止血法ができる。
創傷消毒ができる。
局所麻酔ができる。
皮膚縫合ができる。
包帯法ができる。
ガーゼ交換ができる。
簡単な切開・排膿ができる。
熱傷処置ができる。
穿刺法ができる。
胸腔穿刺ができる。
腹腔穿刺ができる。
腰椎穿刺ができる。
導尿法を実施できる。
胃管の挿入・管理ができる。
ドレーン・チューブ類の管理ができる。

2.基本的治療法の修得


目標

研修期間
1ヶ月 2か月 3か月
緊急蘇生法(二次救命措置)ができる
経口気管内挿管ができる。
除細動ができる。
蘇生に必要な薬剤が投与できる。
救急医薬品の使用ができる。
救急疾患に応じた薬剤の投与ができる。
輸液・輸血ができる
輸液療法が適切にできる
体液・電解質異常の補正ができる。
輸血が適切にできる。
抗生物質が使用できる。
呼吸管理ができる
人工呼吸ができる。
人工呼吸器の使用・管理ができる。
循環管理ができる。
DICの診断・治療ができる。
ショックの診断・治療ができる。
出血性ショックの診断・治療ができる。
心原性ショックの診断・治療ができる。
薬剤性ショックの診断・治療ができる。
細菌性ショックの診断・治療ができる。
専門医への適切なコンサルテーションができる。

大災害時の救急医療体制を理解し、自己の役割を把握
できる。

3.各種重症救急患者の治療法の修得


目標

研修期間
1ヶ月 2か月 3か月
熱傷救急患者の診断・治療ができる。
化学熱傷患者の診断・治療ができる。
電撃傷患者の診断・治療ができる。
気道熱傷患者の診断・治療ができる。
急性中毒患者の診断・治療ができる
薬物中毒患者の診断・治療ができる。
農薬中毒患者の診断・治療ができる。
その他の中毒患者の診断・治療ができる。
環境異常患者の診断・治療ができる。
熱中症患者の診断・治療ができる。
低体温患者の診断・治療ができる。
凍傷患者の診断・治療ができる。
酸欠症患者の診断・治療ができる。
減圧症患者の診断・治療ができる。
異物による救急患者の診断・治療ができる。
気道異物患者の診断・治療ができる。
消化管異物患者の診断・治療ができる。
溺水患者の診断・治療ができる。
淡水溺水患者の診断・治療ができる。
海水溺水患者の診断・治療ができる。
多発外傷患者の診断・治療ができる
治療順位が決定できる。
重症救急患者の診断治療ができる。
中枢神経系救急疾患の診断・治療ができる。
呼吸系救急疾患の診断・治療ができる。
循環系救急疾患の診断・治療ができる。
消化器系救急疾患の診断・治療ができる。
腎不全の救急疾患の診断・治療ができる。
代謝性救急疾患の診断・治療ができる。
各科救急疾患の診断・治療ができる。
小児科系救急疾患の診断・治療ができる。
産婦人科系救急疾患の診断・治療ができる。
耳鼻科系救急疾患の診断・治療ができる。
精神科系救急疾患の診断・治療ができる。

3.方略(LS)

1)勤務時間

救急患者が24時間均等に発生すると仮定しても、来院患者通常勤務帯に1/3、当直帯に2/3の割合になるため、救急部での業務は当直が中心とならざるを得ない。しかしながら当救急部では当直明けの日は申し送り後は完全にfreeとしたい。具体的には日勤だけの日、当直の日、明けの日を人数により加減して組み合わせることになる。

2)週間予定

毎朝:前日に来院した患者の簡単な症例検討と入院患者の回診を当直医間の申し送りを兼ねて全員で行う。
週に一度:重要な症例と入院患者の症例検討会
      :抄読会(J.Trauma,Crit Care Medなどを輪番で行う。)

3)卒後教育プログラム

ACLS、ATLS(あるいはJATEC)のプログラムに則った実技の指導
将来救急医をめざす人には救急医学会認定医修練目標に従った研修

4)指導体制
a)指導責任者  救命救急センター長 本間 正人
b)指導医      平松 俊紀ほか6名

救命救急センターを通して入院し、他の診療科での手術、処置を行う場合は、時間が許す限り当該科担当医について、その指導を受ける。
  c)関連教育病院の院長と研修指導医

4.評価(EV)

チーム医療のため適宜上級医より形成的評価(フィードバック)
態度・習慣・技能についても随時行う
基本的手技の実技確認(OSCE):標準的外傷診療(JATEC,JPTEC)、
標準的心配蘇生手技(BLS,ICLS)

総括的評価

研修担当期間が終了する時点において、EPOCの評価入力を行う。