ページタイトル精神科[米子病院]

精神科(選択必修プログラム)

概略

選択必修3科の中から精神科を1ヶ月選択する場合のプログラムである。

研修指導責任者 米子病院 副院長 鎌 田   修

目標

米子医療センターGIO

将来遭遇しうるいかなる状況においてでも思いやりを持ちながら良質な全人的医療を行うために、米子病院での研修を通じ、将来の専攻する診療科にかかわらず臨床に必要な基本的診療能力(態度、技能、知識)を修得する。

一般目標(精神科(選択必修)-精神科プロクラムGIO)

心を病む人々に対する優れた理解力と共感を持ち、人間尊重の基本理念とその具体的方法を身に付け、さらに人間同士のコミュニケーション能力を高め、人間的資質を成長させるために、精神疾患や心療内科疾患全般のより専門的な診療知識および技能を修得する。

行動目標(精神科(選択必修)-精神科プロクラムSB0s)

1.精神科における患者面接法の修得

・患者に共感的に接し、面接ができる。
・精神症状を的確に把握できる。
・精神症状を専門用語で記載でき、診療録に記載できる。

2.代表的精神疾患の診断、鑑別診断の知識の修得

・精神疾患の診断基準を理解できる。
・診断基準を用いて、診断および鑑別診断ができる。
・診断に基づいた適切な治療法の選択ができる。
・入院の必要性について判断し、実行できる。
・うつ病の診断と治療ができる。
・統合失調症の診断と治療ができる。
・不安障害の診断と治療ができる。
・アルコール依存症の診断と治療ができる。
・症状精神病の診断と治療ができる。
・痴呆の診断と治療ができる。
・心身症の診断と治療ができる。
・てんかんの診断と治療ができる。
・不眠症の診断と治療ができる。

3.精神療法の基礎知識の修得

・精神療法の概念が理解できる。
・支持的精神療法の実践ができる。
・自律訓練法の実践ができる。

4.精神科薬物療法の基礎知識の修得

・向精神薬の概念が理解できる。
・向精神薬の薬理作用が説明できる。
・向精神薬の副作用や特徴が説明できる。
・向精神薬の疾患および症状に対する的確な選択ができる。
・向精神薬の副作用を的確に把握し、それを防止できる。
・向精神薬の効果を的確に判定できる。

5.心理テストの理解とその基本的手技の修得

・心理テストの概念が理解できる。
・疾患に応じた心理テストの選択ができる。
・心理テストを実施できる。
・心理テストの結果の判読ができる。

6.その他精神科補助検査法の理解とその基本的手技の修得

・脳波の記録ができる。
・脳波記録の判読ができる。
・髄液検査ができる。
・頭部CT、MRIの読影ができる。
・その他の補助検査法の判読ができる。

7.精神科救急患者対応の基礎知識とその基本的手技の修得

・精神科救急患者の対応が説明できる。
・精神運動興奮患者の対応、治療ができる。
・自殺の恐れの強い患者への対応ができる。
・自殺未遂後の患者の対応、治療ができる。
・他害行為を行った患者への対応ができる。
・救命救急が必要な患者の対応ができる。

8.リエゾン・コンサルテーション精神医学の基礎知識とその基本的手技の修得

・他科からの依頼患者と面接ができる。
・他科の患者の精神科的診断と適切な意見を述べることができる。
・他科の医療スタッフ、家族に対して適切な精神医学的助言を行える。
・せん妄に対する精神医学的対応、治療ができる。
・身体疾患に伴う不眠に対する対応、治療ができる。
・癌患者に対する精神医学的対応、治療ができる。

9.精神科リハビリテーションの基礎知識の理解とその基本的知識の修得

・精神科リハビリテーションの概念とその適用を説明できる。
・患者に対応して精神科リハビリテーションを選択し、呈示できる。
・作業療法、レクレーション等に参加し、その役割の理解ができる。

10.地域精神医療に関する基礎知識と実践修得
・作業所、デイケア、社会復帰施設等の社会資源を説明できる。
・作業所、デイケア、社会復帰施設等で、患者と時間の共有ができる。
・社会資源についての組織と利用方法、施設の人々との連携ができる。
・精神保健福祉法に関連した書類、診断書の作成ができる。

11.法と倫理に関する基本的知識の理解
・精神保健福祉法の概念を理解し、説明できる。
・精神保健福祉法に基づく、入院医療の適用を理解、実践できる。
・精神科鑑定診療に陪席し、その重要性を理解する。
・法と倫理の視点から自らの行動を点検する態度の重要性を理解する。
・良好な患者医師間の信頼関係を築くことの重要性を理解する。

EPOC で定める評価項目

1.精神科で必ず習得しなければならないEPOC

 A-(1)-10 精神面の診察

B-1 経験すべき症状、病態、疾患

B-1-1 全身倦怠感 B-1-2  不眠

B-1-35 不安・抑うつ B-2-17 精神科領域の救急

B-2 経験が求められる疾患、病態

神経系

認知症疾患
精神・神経系
症状精神病
認知症(血管性認知症含む)
アルコール依存症
気分障害うつ病
統合失調症
不安障害
身体表現性障害、ストレス関連障害
加齢と老化
老年症候群(誤嚥、転倒、失禁、褥瘡)
特定の医療現場の経験

C-1予防医療 

食事・運動・禁煙指導とストレスマネージメント出来る。

C-4精神保健・医療

精神症状の捉え方の基本を身につける。
 精神疾患の初期的対応と治療の実際を学ぶ。
 デイケアなどの社会復帰や地域支援体制を理解する。

C-5緩和・終末医療

心理的社会的側面への配慮が出来る。 

精神科で習得するのが望ましいEPOC項目

A-(1)-1) 全身の診察(バイタルサインと精神状態の把握、皮膚やリンパ節の診察を含む)ができ、記載できる
A-(5)-1) 診療録(退院時サマリーを含む)をPOS(Problem Oriented System)に従って記載し、管理できる
A-(5)-2) 処方箋、指示箋を作成し管理できる
A-(5)-3) 診断書、死亡診断書(死体検案書を含む)、その他証明書を作成し管理できる
A-(5)-5) 紹介状と、紹介状への返信を作成でき、それを管理できる

方略(LS)

指導は原則的にマンツーマンで指導医が行う。診療においては、指導医の監督下で各種の疾患患者の診察、検査、治療にあたり、各専門分野の診療、コンサルテーション、リエゾン精神医学、精神科リハビリテーション、地域医療、法と倫理についても知識を得ていく。定例で行われる病棟回診、症例検討会、各治療チームのチームカンファレンスなどに参加し精神医学の臨床的な知見と理解を深める。

研修期間は個人の希望する期間(1ヶ月以上)とする。

精神科研修形態 (米子病院)

1)週間予定

午前 午後
病棟回診 外来診察 病棟回診 外来診察
病棟回診 外来診察 14:00病棟カンファレンス 病棟診察
病棟回診 外来診察 病棟面談 外来診察
病棟回診 外来診察 集団療法 病棟診察
病棟回診 外来診察 外来診察・メンタルヘルス相談

研修実施責任者 米子病院 副院長  鎌 田   修
米子病院 診療部長 福 田 吉 顕

評価(EV

形成的評価(フィードバック)

知識(想起、解釈、問題解決)については随時おこなう。
態度・習慣、技能についても随時行う。
技能についてはチェックリスト、評定尺度の使用を推奨。
態度・習慣については観察記録の使用を推奨。