ページタイトル放射線科

放射線科(選択プログラム)

概要

(1) 放射線科プログラムは、選択科目として放射線科を選択する場合のプログラムである。

(2) 当院放射線科および放射線科選択プログラムの特徴

①放射線科学の広範な知識と技術を修得することを目標とする。
②放射線診断に関する基礎的知識を習得する。
③IVR に関する基礎的知識と基本的技術を修得する。
④放射線治療に関する基礎的知識を習得する。

(3) 選択期間中には指導医と相談の上、研修医一人ひとりが自分のキャリア育成に合致したSBOsを設定することができる。一方で、選択科研修中においても、米子医療センタープログラムが2 年間で必要と定めた米子医療センタ一般目標GIOならびに行動目標SBOs(EPOC)の達成度を上げる必要がある。

研修指導責任者 診療部長 杉原 修司

目標

一般目標(放射線科選択研修GIO)

将来遭遇しうるいかなる状況においてでも思いやりを持ちながら良質な全人的医療を行うために、放射線科の知識・診断・技術を習得することを通して、将来の専攻する診療科にかかわらずプライマリケアの臨床に必要な基本的診療能力(態度、技能、知識)を修得する。

一般目標(補足)

行動目標(放射線科選択研修SBOs)
診療科が薦めるSBOs
EPOCで定める評価項目の達成

診療科が薦めるSBO

①放射線診断

単純写真、 CT 、 MRI 、核医学検査等の各種画像診断検査において、 EBM ( Evidence Based Medicine)に基づいて費用対効果および被曝対効果を考慮しつつ、検査を指示し、読影できることを目標とする。具体的には、放射線診断専門医の下、コンセンサスのある画像診断手技とその適応のガイドラインである「画像診断ガイドライン-2003」に準拠した検査計画を立案することができ、かつ、指示医によろこばれる画像診断レポートが作成できることを目標とする。

② IVR

IVRに関しても、IVR学会専門医の下、各種標準的手技の根拠の習得と基本的技術の修得を目標とする。

③放射線治療

放射線治療に関しては、その基本となる各種悪性腫瘍の病期診断を含めた臨床腫瘍学の基本と、EBM に基づいた「放射線治療ガイドライン-2008」に準拠した放射線治療の適応や治療計画の基本的な考え方を習得することを目標とする。

到達尺度
A:独立してできる。
B:指導を受けながら自分でできる。
C:見学あるいは手伝うことができる程度。

① 放射線診断

目          標

1 ヶ月間

2ヶ月間

装置と検査法の原理ならびに方法を理解する。

検査の適応を判断することができる。

検査法や注意事項を患者に説明することができる。

検査の具体的な指示を行うことができる。

読影を行うことができる。

② IVR

目       標

1 ヶ月間

2ヶ月間

検査法の原理ならびに方法を理解する。

検査の適応を判断することができる。

検査法や注意事項を患者に説明することができる。

経皮的穿刺、主要血管へのカテーテル挿入、止血ができる。

合併症への対応ができる。

術中、術後の患者管理ができる。

読影を行うことができる。

③放射線治療

目       標

1 ヶ月間

2ヶ月間

放射線治療の原理ならびに方法を理解する。

放射線治療の適応を判断することができる。

主な固形癌の病期診断ができる。

根治的治療か緩和的治療かの適応の判断ができる 。

治療法や注意事項を患者に説明することができる。

治療計画を行うことができる。

有害事象への対応を含めた患者管理ができる。

EPOC で定める評価項目

1.放射線科で必ず修得しなければならないEPOC 項目(マトリックス表で◎)

A-3-15 単純X 線
A-3-16 造影X 線
A-3-17 X 線CT
A-3-18 MRI 検査
A-3-19 核医学検査

2.放射線科で修得するのが望ましいEPOC 項目(マトリックス表で○)

A-1 医療面接
A-2-1 全身観察
A-3-3 血算・白血球分画
A-3-7 血液生化学検査
A-3-9 細菌学的検査・薬剤感受性検査
A-3-10 肺機能検査
A-4-13 局所麻酔法
A-6-1 診療録作成
A-6-2 処方箋、指示箋
A-7-1 診療計画作成
A-7-2 診療ガイドライン
A-7-3 入退院適応判断
A-7-4 QOL 考慮

B-1 経験すべき症状、病態、疾患

B-1-22 咳・痰
B-1-23 嘔気・嘔吐

B-2 経験が求められる症状・病態

B-3-6 呼吸器系

(7) 肺癌

B-3-7 消化器系疾患

(4) 肝疾患

C 特定の医療現場の経験

C-1 救急医療(救急医療の現場を経験すること)

(6)専門医へのコンサルテーションができる。

3.全ての科で目標とする項目(マトリックス表では○)

I.医療人として必要な基本姿勢・態度

(1)患者-意思関係、(2)チーム医療、(3)問題対応能力、

(4)安全管理、(5)症例呈示、(6)医療の社会性

方略(LS)

指導医数 臨床研修指導医2 名。
同時研修は各学年1 名を原則とする。
研修期間は1~2ヶ月。
場所は中央放射線部、外来、病棟。
OJT(On the Job Training)が主体。
症例ごとに指導医・上級医とマンツーマンで研修する。
カンファレンスに参加する。
講義(研修中に行うミニレクチャー)。

週間予定(月~金)

午 前

午 後

午後5時間以降

外来診療 画像診断

IVR

患者管理、読影

画像診断

IVR

患者管理 読影

画像診断

IVR 放射線治療計画

患者管理 読影

外来診療 画像診断

IVR カンファレンス

患者管理 読影

画像診断

IVR 放射線治療計画

患者管理 読影

評価(EV)

形成的評価(フィードバック)
随時。