ページタイトル米子医療センター『がんフォーラム』開催しました!!

地域医療連携係長 水谷 ふみ江

がんフォーラム

平成21年より、市民公開講座『がんフォーラム』を開催するようになって今回で7回を迎えることが出来ました。昨年までに、“前立腺がん” “乳がん” “白血病(骨髄移植)” “胃がん” “大腸がん” “膵臓がん” “がん看護・リハビリ”など様々な内容でがんフォーラムを開催してきました。今年は9月19日(土)に米子コンベンションセンタービッグシップ小ホールで、『胃癌は治る』をテーマに行いました。当日は小ホールがほぼ満員になるほど、市民の皆様のご参加をいただきました。

今回のフォーラムは奈賀診療部長の座長の進行で、胃がんについてのイントロダクションを行った後、香田消化器内科医長の「ピロリ菌と胃癌」、消化器内科 松岡宏至先生の「経鼻内視鏡による胃癌検診」、外科医長 山本修先生の「胃がんの外科治療」、外科 谷口健次郎先生の「抗がん剤治療の効果」と、胃がんの早期発見から治療に至るまでの内容を盛り込んだ中身の濃い内容となっていました。中でもピロリ菌については市民の関心が高くたくさんの質問が寄せられていました。また、胃内視鏡検査では山本哲夫副院長主演により検査の様子を動画で紹介され苦痛が少なく検査が受けられることを説明させていただきました。

会場の様子参加者からは、「検査から治療まで大変わかりやすかった。」「早期発見が大切。検診に積極的に行きたい。」「もっとどんどんがんフォーラムをしてほしい」など予防に高い関心を持っておられることがわかりました。

 来年は、平成28年8月27日(土)に『がんフォーラム』開催の企画をしております。皆様のアンケートから次回開催の内容を決めていきたいと考えておりますのでたくさんの皆様のご来場をお待ちしております。最後になりましたが、お忙しい中、今回ご講演頂きました先生方と運営にご協力頂いた職員の皆様に感謝申し上げます。

がんフォーラムの様子

がんフォーラムの様子