ページタイトル緩和ケア

緩和ケアとは?

主な死因別死亡数の割合 がんは、日本人の死因で最も多い病気です。現在,2人に1人ががんに罹患し、3人に1人ががんで亡くなっています。

がん患者さんは、がん自体の症状のほかに、痛み,倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。「緩和ケア」は、がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。

緩和ケアとは...
重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア。【日本緩和医療学会 2014年5月30日】

緩和ケアは「がんの治療」と一緒に始めます

「ターミナルケア」とはがんの終末期に行われる、治癒や延命ではなく、主に痛みなどの身体的・精神的な苦痛の除去を目的としたケアをさしています。一方、「緩和ケア」はがんによる身体的問題や精神的問題を抱えている患者さんやその家族に、治療より早期の段階から考慮すべきものと考えられており、がんによる身体的・精神的な苦痛の除去をはじめ、患者さんとその家族にとってできうる限りの 最高のQOL(人生の質、生活の質)を実現するためのケアを意味します。

緩和ケアを受けられる場所

入院(緩和ケアチーム)

各がん診療科に入院された場合,積極的治療の有無に関わらず,必要時には緩和ケアチームが支援します。
緩和ケアチームとは、医師、薬剤師、看護師、理学療法士、医療福祉士など他職種がチームを組んでいます。それぞれが専門性を活かしながら、緩和ケアチームに依頼があった患者さん・ご家族の治療やケアをしていきます。チームの中心には,患者さん・ご家族がいて、要望や希望を聞きながらより良い治療・ケアとなることを目指していきます。

緩和ケアチームの主な構成

緩和ケア病棟

専門スタッフが、身体や心の様々なつらさをできるかぎりやわらげる治療やケアを専門的に提供する施設です。緩和ケア病棟で症状をやわらげてから、退院することも可能です。

緩和ケア外来

積極的治療は望まないが定期的に薬処方などが必要な方や、他施設に通院中だが疼痛などの症状コントロールを外来で専門的に受けたい方などを対象としています。放射線治療や抗癌剤治療中などの通院治療中に、外来で緩和ケアを受けることも可能です。

自宅

医師や看護師が訪問し、症状を緩和するための治療やケアを行います。住み慣れた家で、自分のペースで日常生活を送ることができ、一人暮らしでも利用できます。地域の在宅療養支援診療所や訪問看護ステーション、調剤薬局などが連携してあなたを支援します。通院治療中や治療と治療の間の療養期間中に、かかりつけ医から受けることも可能です。

(※現在、米子医療センターでは訪問看護は平日昼間のみ稼働しておりますが、訪問診察は利用できません。必要であれば往診のできる連携クリニックへ紹介させて頂きます。)

スタッフから一言

【緩和ケア専従医師】松波 馨士

がん治療中の方にはその状況とスピードに合わせて、がん治療をしていない方にもその状況とスピードに合わせて、患者さんを一人の人間として尊重し、歩調を共にして様々な苦痛と闘います。

松波馨二

【がん性疼痛看護認定看護師】 
緩和ケア病棟看護師長 三谷 順子

身体に痛みがあっても『まだ大丈夫・・・』と我慢していませんか?心の痛み(気持ちの落ち込みや辛さ)を誰かに聴いて欲しいと感じることはありませんか?
心と身体は密接に関係しています。心身共に辛さが和らぎ、穏やかな笑顔となれるようお手伝いをさせていただきます。

三谷順子

【地域医療連携係長】水谷 ふみ江

緩和ケア病棟の窓口として様々なご相談を受け付けております。患者様ご家族様からの緩和ケアや緩和ケア病棟についてのご相談や、医療機関からの入院窓口をしています。どうぞお気軽にご相談ください。

水谷 ふみ江

アロマについて

植物の香りで気分がやすらいだ経験はありませんか?

アロマテラピーとは、植物の香りを使用して心や身体のトラブルを穏やかにする効果があると言われています。8階病棟(緩和ケア病棟)では倦怠感や食欲不振、不眠を訴える患者さんに対し、アロマを使用したケアを行っています。たとえば、アロマオイルを垂らしたお湯を使用し手浴や足浴を行ったり、アロマオイルを使ったマッサージを患者さんの希望に合わせて行っています。また、アロマをブレンドしたミストを散布することで病室の空気をリフレッシュさせることもあります。

ボランティアの方たちも2回/月来てくださり、手足のアロママッサージを専門的に行ってくれています。患者さんより「マッサージをしてもらって気持ちいい、嬉しい、またしてもらいたい」「楽になったようだ」「香りで気持ちが落ち着きます」などの嬉しい感想をいただいてます。アロママッサージについて

私たち自身も、1回/月アロマセラピストに来て頂いて、香の効能やアロマを使ったケアについて皆で学んでいるところです。このように、学びながら、実践しながら、日々アロマに触れることで、私たちも癒されています。

アロマの種類:ラベンダー、ローズマリー、ゼラニウム、ペパーミント、レモン、オレンジなどのアロマをブレンドします。香りの効能と、患者さんの状態や好みに合わせてアロマを選択します。

緩和ケア病棟だより

クリスマス会

8階病棟 看護師 石谷 百枝

クリスマス会

12月21日(火)、デイルームにて看護学生の協力のもとクリスマス会を開催しました。患者さん8名、ご家族13名、看護学生17名、ボランティアの方3名、たくさんの方々に参加していただき、盛大に行うことが出来ました。

会場はクリスマスらしく、ツリーやモールで飾りつけをし、その後、看護学生による「クリスマス」の由来話の後、「きよしこの夜」「ジングルベル」を合唱してもらいました。その後、職員のピアノ伴奏に合わせて、放射線科の太田さんと伊藤看護師が「赤鼻のトナカイ」「グロリア」「もろびとこぞりて」を歌いました。演奏の間に看護学生達がサンタクロースとトナカイに扮して、患者さんやご家族一人一人にお菓子をプレゼントしました。また、お好みの温かい飲み物を提供する等、くつろぎの中で音楽を聞いて頂けるよう工夫しました。患者さんやご家族が、馴染みのある歌や曲に手拍子をされたり、一緒に歌われる姿を目にすることが出来ました。(ご家族からは、)「良かったです」「本人だけでなく私も楽しめた」などの感想が聞かれ、写真撮影ではいつも以上に素敵な笑顔を見ることが出来ました。

デイルームに出て来られない患者さんにも配慮し、ご希望に応じて部屋のドアを開け、演奏が聞こえるようにしたり、コスプレサンタとトナカイがお部屋へ出向いてお菓子のプレゼントを渡し、写真撮影を行いました。

早い段階で患者さんやご家族にイベントの案内を行ったことで、この日をとても楽しみに、イベントに合わせて面会に来てくださったり、自宅外泊から一時帰院された患者さんもおられました。皆さんに喜んでいただいて、私たちも達成感を得ることが出来ました。患者さんとご家族の笑顔が、私たち職員にとっての最高のクリスマスプレゼントになりました。

今後も、患者さんやご家族の笑顔を作り、癒しの時間・ふれあいの場が提供できるイベントを企画していきたいと思います。

 

ひなまつり

8階病棟 看護師 生田 奈都子

3月3日、「桃の節句」の日に緩和ケア病棟において、「ひなまつり」のイベントを開催しました。ボランティアの方々にお手伝いを頂き、2月の末頃からデイルームに飾った見事な7段のひな人形が、イベントの雰囲気を華やかにしてくれました。

当日は、患者さんだけでなく、たくさんのご家族にもご参加いただきました。また、産休中の病棟スタッフ3人が、それぞれの子供さん(みんな女の子)と一緒に参加し、小さなリアル3人官女となって皆に笑顔を運んでくれました。

ミニコンサートでは、石谷看護師と坂中看護師が、『ひなまつり』『花は咲く』『蕾(コブクロ)』の3曲を琴で演奏されました。普段、聴く機会のない琴の音色は、病棟全体を優しい空気で包み込み、みんなを癒してくれました。イベントの最後には、看護助手の山根さんのピアノ演奏で『ひなまつり』を合唱しました。明るい春の日差しが差し込む中、演奏を聴きながら、甘酒や抹茶、桜餅などの季節のものを味わい、みんなと一緒に楽しむことが出来ました。

普段は眠っておられることの多い患者さんが、歌詞カードを見ながら一緒に歌われたり、あまり参加に乗り気でなかった患者さんが、「気分転換になって良かった」と笑顔を見せて下さいました。イベントが終わって、ご家族やリアル3人官女と共にひな壇の前で記念撮影をおこない、「一生の思い出になりました」と大変喜んで頂きました。

緩和ケア病棟でひなまつりを行うのは今年で3回目でしたが、より楽しんで頂ける企画になっていると思います。来年度もスタッフ一同、様々な工夫を凝らしたイベントを企画・開催していきたいと思っていますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

五月祭

8階病棟 看護師 堀尾 真央

新緑が輝きに満ち、風かおる爽やかな5月12日、「五月祭」のイベントを開催しました。壁いっぱいに大きな鯉のぼりを飾りつけたデイルームで、『ブックス五千石』というグループの方々による大型紙芝居を企画しました。お題は「ききみみずきん」と「戸上の藤内狐」という2つの昔話で、シフォンケーキとお好みの飲み物でもてなし、鑑賞していただきました。

どこか懐かしい手作りの大きな絵と、親近感のある地元の方言や語り口調に音響がプラスされ、絵で見る風景がよりリアルに感じられて、自然に昔話に引き込まれました。なによりボランティアの皆さんが明るく生き生きとされているのが伝わり、鑑賞する側も明るい気持ちで楽しむことが出来ました。イベントに参加する直前にしんどそうにしておられた患者さんも、紙芝居の鑑賞後には「おもしろかったよ。ああいうの見ると懐かしいね。」と笑顔が見られ、しんどい中でも心和む一時となりました。参加できなかった患者さんの御家族からは、「楽しかったです。お母さんにも見せてあげたかったです。」と言っていただきました。ボランティアの方からは、「患者さんの体調のこともあるので、見に来て下さるか正直不安でしたが、最後までみなさんが鑑賞して下さり嬉しかった。今日のイベントが、少しでも気分転換になったら幸いです。」と最後に挨拶をされイベントを締めくくりました。イベントを通して私たち看護師が感じたことは、入院生活の中で、患者さん・ご家族の心がホッとしたり明るい気持ちになる一瞬一瞬が、大切な思い出になるとつくづく感じました。

今回のイベントは、患者さん6名・御家族3名の参加と、ティーサービスのボランティアの方1名、大型紙芝居のボランティアの方8名でした。イベントを開催できるのも、協力してくださるボランティアの方々のおかげであると、いつも感謝しております。今後も、充実したボランティア活動を継続できるように支援し、ボランティアの方々も医療チームメンバーの一員としてコミュニケーションを図り、よりよい緩和ケア病棟のサービス提供に取り組んで頂きたいと思います。

 

納涼祭

8階病棟 看護師 吉田 由香

お盆も明け、暦の上では立秋となりますが、まだまだ残暑厳しい折、8月18日(金)に8階病棟にて納涼祭を開催しました。事前に、夏祭りの雰囲気が出るように、飾りつけをしたデイルームに、ベッドに臥床された患者さんや車いすの患者さんのそばに、家族の方が寄り添えるようにレイアウトを考え、テーブルや椅子を準備しました。参加者は、患者さん9名と、その御家族(大人10名、子ども9名)、病棟スタッフ14名、

ボランティア4名、総勢46名に参加いただき、活気あふれる納涼祭となりました。

まず初めに、オープニングとして南部町を拠点に活動されておられる佐伯夫婦による、安来節(どじょうすくい)や、「麦畑」の歌と踊りを披露していただき、患者さんはもちろんご家族や職員にもたくさんの元気を与えていただきました。その後、魚釣りやボーリング、ヨーヨー風船釣りなど様々なイベントを、家族や看護師と一緒にゲーム感覚で楽しんでもらいました。また屋台風にしてもてなした、かき氷、たこ焼き、綿あめ、飲み物など、お祭りでお馴染みのメニューに大いに満足された様子でした。夏休みという事もあり、小学生や幼稚園児の参加もありにぎやかな家族・面会者との交流もあり、縁日の雰囲気で祭りの気分を感じていただけたのではないでしょうか。夏祭りの雰囲気を出すための浴衣姿(看護師やその子供たち6名)に患者さんから、「良かったよ。」「浴衣きれいだね。」と喜んでいただき、普段見られないような患者さんの笑顔がみられました。入院生活中に少しでも、家族や親族、友人やスタッフと普段とは違う楽しい時間を過ごしてもらうことができ、よい思い出づくりの機会になりました。

今後もより楽しんでいただける行事を企画してまいりますのでよろしくお願い致します。また、今回ご参加いただきましたご家族、ボランティアの皆様、ご協力誠にありがとうございました。

お問い合わせ先

(患者様または医療関係者)

地域医療連携室 電話:0859-37-3930(直通)

(研修・取材申し込み)

管理課 電話:0859-33-7111(代表)
または直接、各スタッフにご連絡下さい

(ボランティア申し込み)

管理課 電話:0859-33-7111(代表)
または直接、病棟スタッフにご連絡下さい