ページタイトル放射線治療

放射線治療とはがん細胞であっても正常細胞であっても、大量の放射線を照射すると細胞は分裂できなくなって、いずれは死んでしまいます。

しかし、がん細胞と正常細胞には放射線に対する抵抗力に違いがあり、多くのがん細胞は正常細胞に比べて放射線に弱いという性質をもっています。

そこで、この性質の違いを利用して、正常な体の形態や機能を損なうことなく、がん細胞のみを死滅させることを目標に行われるのが放射線治療です。過去には、(その危険性の低さゆえに)他に有効な治療法のない末期がんの患者さまに対して、“いい訳”的な治療として行われていた経緯もあり、ご高齢者の中には、「放射線をかけるようになったらもうおしまいだ。」と思っておられる方も今なお多いようです。

しかし、近年の放射線治療技術の進歩はめざましく、CTや専用コンピューターを駆使してがん病巣を正確に狙い撃ちできるようになってきました。その治療効果は、これまた進歩の著しい抗がん剤治療とも相まって、がんの種類によっては手術療法に勝るとも劣らないものとなってきています。

当院の放射線治療先に述べた「CTを駆使して病巣を正確に狙い撃ちする最新の治療計画装置」が導入されており、さまざまな方向からがん病巣に放射線を集中させることにより、周囲の正常臓器への障害を最小限にとどめ、最大の治療効果を得ることができます。また、皮膚や表面に近いがんをたたくための「電子線」という放射線による治療も行っています。

先に述べた「CTを駆使して病巣を正確に狙い撃ちする最新の治療計画装置」が導入されており、さまざまな方向からがん病巣に放射線を集中させることにより、周囲の正常臓器への障害を最小限にとどめ、最大の治療効果を得ることができます。

また、皮膚や表面に近いがんをたたくための「電子線」という放射線による治療も行っています。

最後に、他の治療方法と同様に、放射線治療もまったく無害というわけではありません。治療方法の選択は、病気に対する正しい理解の上で、担当医と十分話し合って決定することが大切です。

受診の手順

受診科:放射線科(月~金)