ページタイトル地域医療連携室

地域医療連携室のご案内

スタッフ紹介

当センターの地域医療連携室は平成16年4月に開設し、外来診療予約、病病連携、病診連携等をしてきました。患者様がスムーズに安心して病院を受診していただくことが出来るよう、地域の医療機関との連携を深め、患者様と地域の医療機関を結ぶ“窓口”としての業務を行っています。

地域医療連携室は、室長(副院長)1名、係長(看護師長)1名、社会福祉士(Medical Social Worker:MSW)1名、看護師3名、事務補助2名で構成されており、近隣の病院・医院・診療所と連携し患者様の紹介や逆紹介、地域の病院や介護福祉施設への退院支援、医療や看護・介護に関わる相談、がん予防・治療の啓発を中心に活動を継続しています。また、今年度より『訪問看護室』を設置し、がん患者様の訪問看護への取り組みも開始しております。

病気になると病気に対する不安だけでなく、生活においても不安や問題が生じることがあります。当センターに入院及び通院中の患者様、ご家族のご相談に医療ソーシャルワーカーと看護師が応じておりますのでお気軽にご相談ください。

地域医療連携係長  水谷ふみ江

地域医療連携室の業務

医療関係者の方々に対して

1. 他の医療機関からの 外来診療予約(FAX)放射線検査予約(TEL又はFAX)の受付

2. 紹介患者の受診結果の報告
・紹介していただいた患者様の受診を紹介医へFAXさせていただきます。
・受診結果及び検査結果はかかりつけ医へ郵送にてお届けします。

3. 開放病床運営
・入院中も継続した医療が行えるよう登録した開業医が主治医と共同で診療に当たります。

4. 当センターの診療内容の提供

5. 医療機関 福祉・介護機関への研修事業
 「在宅緩和実地研修会」「がん看護研修会」「医療と介護の情報交換会」の開催

6. がん患者さまの訪問看護事業

患者様に対して

1.医療相談・よろず相談・セカンドオピニオン外来の窓口.がん相談支援センターも併設しています。

当センター入院及び通院中の患者様に対しては

・介護保険や身体障害手帳の制度や申請などの医療・社会福祉制度に関すること
・医療費や身の回りの準備など入院生活に関すること
・入院中や退院してからの治療や看護・介護に関すること
・退院後在宅ケアや療養場所などの相談

2. 広報活動

・医療機関、施設等へ訪問し情報提供を行います。
・情報誌「あーかす」の発行
・公開講座(がんフォーラム がん医療講演会 市民公開講座)

 

『出張講演』のご案内

日頃から地域の皆様で健康に関心があり、病気の予防、早期発見、治療などの話を聞きたいが、どこに依頼したら良いかわからずに困ったことはありませんか。
講演等のご要望がございましたら、お問いあわせ下さい。

■お問いあわせ先

【電話】0859-33-7111(内線1321) 担当 管理課長
【受付時間】 8時30分~17時

※講演のご希望日時をご連絡いただき、調整させていただきます。
地域医療連携室【電話】0859-37-3930