ページタイトル化学療法センター

化学療法センター長 鈴木 喜雅
外来副看護師長 永瀬 美沙(がん化学療法看護認定看護師)

化学療法センターの特徴・看護について

化学療法センターは地域がん診療連携拠点病院である当院の重要な部門の一つです。新病院への移行に伴って、ベッド数は9床から15床へ増床し、年々増加する外来化学療法に対応しています。当センターでは、乳がん・肺がん・大腸がん・胃がん・膵がんなどをはじめ、悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの血液腫瘍や、関節リウマチ等の治療も行っています(年間約2800件)。長い治療時間も快適に過ごしていただけるよう、各ベッドにテレビとDVDプレーヤーを完備し、また患者さんそれぞれの状況に応じてプライバシーを保って治療を受けていただけるよう、個室2室も備えています。病棟から外来、調剤から投与まで、すべての化学療法の機能を4階に集約し、トータルに患者さんをサポートできるよう日々取り組んでいます。そして何よりも、がん患者さん家族に寄り添う看護を大切にしています。

化学療法センター