ページタイトル緩和ケア内科

担当医師 松波馨士医師 【各専門医の資格認定状況】 毎週月~金曜日(※新患は要予約)
緩和ケアとは 重い病気を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの
様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアのことです。緩和ケア紹介ページはこちら
診療方針 鳥取県で唯一の緩和ケア病棟を有する「地域がん診療連携拠点病院」であり
また、日本緩和医療学会の認定研修施設でもあります。
必要時には他のがん診療科や他職種と連携して最新の緩和ケアを提供します。
診療内容 (1)痛みやその他の苦痛な症状から解放します
(2)生命を尊重し、死を自然なことと認めます
(3)いたずらに死を早めたり、引き延ばしたりしません
(4)患者のためにケアの心理的、Spiritualな側面を統合します
(5)死を迎えられるまで患者が人生を積極的に生きてゆけるように支えます
(6)家族が患者の病気や死別後の生活に適応できるように支えます
(7)患者と家族(死別後のカウンセリングを含む)のニーズを満たすためにチームアプローチを利用します
(8)QOL(Quality of Life)を高めて、病気の過程に良い影響を与えます
(9)延命を目指すそのほかの治療(化学療法、放射線療法など)とも連携します
(10)がん治療や、緩和治療そのものよる合併症をより良く理解し、管理します