ページタイトル栄養管理室

栄養管理室 基本理念

  1. 安心して食事を食べて頂くために、衛生管理や安全管理の知識・技術の向上に励む。
  2. 食事は患者様が召し上がられてはじめて治療食になることを念頭に置き、調理方法の検討、調理技術の向上に努め、喫食率の向上に励む。
  3. 行事や旬の食材、季節感を大切にした食事の提供に努める。
  4. 治療・症状により食べられない方への対応に可能な限り努力する。
  5. より多くの患者様に栄養管理についての知識を深めて頂くために、栄養教育に励む。

入院中のお食事について

治療の一環として、医師の指示に沿った食事を提供しています。

医師や看護師をはじめ他職種との連携をはかり、治療の副作用等により食べられない方には、栄養士が伺い相談の上、食事対応を行います。また、患者様の状態にあわせて食事内容の変更や栄養補助食品の提案をするなど栄養改善方法を検討しています。

食事の種類

一般食 常菜、軟菜、7分菜、5分菜、3分菜、流動食、小児食、幼児食、離乳食、ペースト食、なめらか食など
特別治療食 糖尿病食、腎臓病食、肝臓病食、胃潰瘍食、高血圧症食、心臓病食、術後食、低菌食、低残渣食、検査食など

1日の食事の一例

【朝食】 【昼食】 【夕食】
朝食 昼食 夕食

なめらか食の一例

普通食 なめらか食
普通食 矢印 なめらか食

 

【なめらか食の作り方】

なめらか食の作り方

なめらか食の一例(PDF)

食事対応について

■化療食

吐気、味覚異常、食欲がない等の症状の患者様に、少しでも食べて頂けるように工夫した食事を提供しています。

化療食1 化療食2 化療食3
化療食4 化療食5 化療食6

■行事食

食事を通して四季の変化を感じていただけるよう、手作りカードを添えて、行事食を提供しています。

行事食1

行事食2

■特別メニュー

皆様の入院生活のささやかな楽しみとなればと『特別メニュー』を行っています。
山陰の食材をふんだんに使用し、調理師が心を込めて手作りをした“ちょっぴり豪華な朝食”です。

特別メニューこれまでに実施したメニュー

2009年(PDF)
2010年(PDF)
2011年(PDF)
2012年(PDF)
2013年(PDF)
2016年(PDF)
2017年(PDF)

 

 

患者様への情報提供

■栄養ニュース

月に2回(上旬・下旬)、各病棟に献立表と共に、食材や料理、栄養に関する情報を提示しています。
また、毎月1回、新メニューを取り入れ、その紹介も行っています。

栄養ニュース


これまでの栄養ニュース

2017年1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月
11月
12月
2015年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

 

 

お食事ができるまで

米子医療センター栄養管理室は2013年3月23日より、オール電化厨房の最新設備を備え「安全な食事の提供」「食事サービスの充実」を目標に「新調理システム」を取り入れた新しい調理方法での食事提供を開始しました。

◇新調理システムとは 新調理システムとは、クックチルや真空調理などを従来の調理方式に組み込んだシステムのことを いいます。加熱調理日と盛付日を分けることで、集中して調理できるため業務が平準化でき、新たな サービスを追加する時間が生み出せるなどのメリットが生じます。

◇設備について

設備について


食数 約270食/回
厨房面積 約480㎡
主要厨房機器 スチームコンベクションオーブン10段×3台
ブラストチラー10段×3台、アイスメーカー・冷却シンク×1台
全自動炊飯システム(6釜)
プレハブ冷蔵庫×2台、プレハブ冷凍庫×1台、プレハブチルド庫×1か所
バッチ式洗浄機×2台、コンベア式洗浄機×1台
調理方式 クックチル+クックサーブ
クックチル生産日 4日/週 ( 火・水・木・土曜日 )
クックチル数 4品/日(朝1、昼1、夕2)
栄養管理システム タス(Mr.献立マン)

◇主な厨房機器

スチームコンベクションオーブン ブラストチラー 全自動立体炊飯器 IHコンロ 真空包装機
スチーム
コンベクションオーブン
ブラストチラー 全自動立体炊飯器 IHコンロ 真空包装機

◇調理・配膳風景

調理準備 食材冷蔵保管 加熱調理
【1】調理準備 【2】食材冷蔵保管 【3】加熱調理

調理準備室で洗浄・消毒後、カットされた材料は料理別に仕分けられ(写真1)、専用カートにセットして冷蔵庫で待機します(写真2)。加熱準備が整うと、スチームコンベクションオーブンへ食材をカートごとセットし調理を開始します(写真3)。


温度確認 急速冷却 チルド保管
【4】温度確認 【5】急速冷却 【6】チルド保管

加熱調理が終了すると、食材の中心温度が規定の温度に達しているか確認し(写真4)、ブラストチラーで中心温度が3℃以下になるまで急速冷却します(写真5)。その後、曜日・食事時間帯ごとに専用カートに分類し、提供日までチルド保管します(写真6)。


再加熱 盛付 誤配膳確認 食事
【7】再加熱 【8】盛付 【9】誤配膳確認 【10】食事

提供当日は、スチームコンベクションオーブンで150℃の熱風で再加熱し(写真7)、食材の中心温度が規定の温度まで達しているか確認します。(写真8)。配膳車へ積み込み、食札の通りに食事がセットされているか確認します(写真9)。 ごはん、汁物、サラダ、和え物は当日に調理していますが、写真10のような煮物は加熱後に冷却することで味が浸透するので、クックチルに適しています。 厳格な衛生管理を必要とする新調理システムを導入することにより、移植医療に応えるための食品安全も強化することができました。 現在は、がん治療の副作用対策としての食事の種類を増やしたり、咀嚼・嚥下困難な方のための食事など、定期的に勉強会を開き、新しい食事サービスの展開に取り組んでいます。

調理技術向上、サービス向上の取り組み

◇ 調理技術向上勉強会を実施し、安全かつ美味しく食べて頂くために、工夫を重ねています。


勉強会 サービス向上への取り組み サービス向上への取り組み
サービス向上への取り組み サービス向上への取り組み サービス向上への取り組み

 

栄養相談

当院の管理栄養士が現在の状況を伺い、食事療法に必要な知識を提供し、継続して実行していけることを、一緒に考えながら見つけていきます。

■個人栄養食事指導

入院中の方・外来通院中の方に日々の食事について、個別に相談を行います。

■集団栄養食事指導

同じ疾患をお持ちの方に集まっていただき、毎回のテーマごとに看護師、薬剤師、検査技師、

理学療法士、栄養士がお話をします。

平成29年度糖尿病教室のご案内(PDF)

※ 個人および集団栄養食事指導は、当院外来通院中の方と他院からの紹介の方が参加できます。

※ 栄養相談の予約について

栄養相談(個人栄養食事指導・集団栄養食事指導)についてのお問い合わせは、

米子医療センター 地域連携室  電話 0859-37-3930 までご連絡ください。

当院外来に通院されてない方も、かかりつけの先生の紹介があれば、相談を受け付けます。

ご希望の方は、かかりつけの先生にお申し出ください。

紹介栄養指導について

その他の活動

■NST(Nutrition Support Team)

当院NSTは 医師・看護師・薬剤師・作業療法士・検査技師・管理栄養士で構成され、患者様の病状の回復・改善・治療に携わっています。

■褥瘡回診

月2回、褥瘡回診時に医師・看護師・作業療法士と共に管理栄養士も参加しています。ベットサイドで患者様の状態を把握し、食事から病状の改善を促しています。また、NSTとも連携し、必要に応じてNST介入要請も行っています。

災害時の対応

災害に備え、入院患者様を対象に、3日分の非常用食品と飲料水を備蓄しています。