ページタイトル消化器内科

担当医師 原田 賢一 診療部長
香田 正晴 消化器内科医長
松岡 宏至 医師
樽本 亮平 医師
医師紹介

原田 賢一はらだ けんいち

  • 原田 賢一
  • 卒業大学
  • 鳥取大学(鳥取大学大学院)
  • 卒業年次
  • H5.3(H11.3)
  • 学会活動・資格
  • 医学博士
    日本肝臓学会
    日本消化器病学会
    日本消化器内視鏡学会 中国支部評議員
    日本癌学会
    日本内科学会 中国支部評議員
    日本臨床腫瘍学会
    日本膵臓学会
    日本胆道学会
    日本消化器がん検診学会
    医師卒後臨床研修指導医
  • その他
  • 厚生労働省;緩和ケア研修修了
  • 略歴
  • H5.5  鳥取大学医学部附属病院
    H6.4  公立社総合病院
    H10.4  鳥取県立境港総合病院
    H11.4  国立米子病院(現:米子医療センター)
    H12.4  広瀬町立広瀬病院
    H12.5  テキサス大学ウエスタンメディカルセンター
    H14.4  国立浜田病院
    H15.4  鳥取大学医学部附属病院
    H29.10 当院~

香田 正晴こうだ まさはる

  • 香田 正晴
  • 卒業大学
  • 鳥取大学(鳥取大学大学院)
  • 卒業年次
  • H10.3(H16.3)
  • 学会活動・資格
  • 医学博士
    日本臨床腫瘍学会
    日本高齢消化器病学会
    日本膵臓学会
    日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・指導医
    日本消化器病学会 消化器病専門医・指導医
    医師卒後臨床研修指導医
    日本消化器病学会中国支部評議員
    日本消化器内視鏡学会中国支部評議員
    がん治療認定機構がん治療認定医
  • その他
  • 厚生労働省;緩和ケア研修修了
  • 略歴
  • H10.6 鳥取大学医学部附属病院
    H11.4 島根県済生会江津総合病院
    H12.4 六日市病院
    H16.4 鳥取大学医学部附属病院
    H23.4 当院~

松岡 宏至まつおか ひろし

  • 松岡 宏至
  • 卒業大学
  • 鳥取大学(鳥取大学大学院)
  • 卒業年次
  • H15.3(H22.3)
  • 学会活動・資格
  • 日本内科学会 総合内科専門医
    日本消化器病学会  消化器病専門医
    日本消化器内視鏡学会  消化器内視鏡専門医
  • その他
  • 厚生労働省;緩和ケア研修修了
    臨床研修指導医養成研修修了
  • 略歴
  • H15.6 鳥取大学医学部附属病院
    H16.4 日野病院
    H17.4 鳥取県立厚生病院
    H19.4 鳥取大学医学部附属病院
    H22.4 島根県立江津総合病院
    H27.4 当院~

樽本 亮平たるもと りょうへい

  • 樽本 亮平
  • 卒業大学
  • 鳥取大学
  • 卒業年次
  • H25.3
  • 学会活動・専門医の資格等
  • 日本内科学会
    日本消化器病学会
  • 略歴
  • H25.4 鳥取大学医学部附属病院
    H26.12 鳥取県立厚生病院
    H27.4 当院~
(1)主に扱っている病気
  • 消化管の悪性腫瘍、消化性潰瘍、炎症性腸疾患などの消化管の疾患
  • ウイルス性肝炎、肝硬変、肝臓癌、胆石、膵炎などの肝、胆、膵疾患
(2)診療方針
  • インフォームドコンセントに基づいた適切な検査と迅速正確な診断を行います
  • 患者様のQOLを考えて納得の行く最善の治療法を選択します
(3)診療内容
  • 食道、胃、十二指腸、大腸の透視ならびに内視鏡検査、ERCP、腹腔鏡を積極的に行い、胃癌、大腸癌、肝癌の検診施設として機能しています
  • 消化管の早期癌に対する内視鏡的粘膜切除術の症例は着実に増えており積極的に取りくんでいます
  • 原発性早期肝癌に対する腹部超音波下エタノール注入療法も良好な成績を収めています
  • 食道癌、胆道癌に対するメタリックステント挿入も放射線療法と併用しQOLの改善に役立っています

内視鏡を使ったお腹を切らない胃癌の治療法

胃がんの治療法には「外科的開腹手術」「放射線治療」「抗がん剤治療」などいろいろありますが、極めて早期の胃がんには内視鏡(胃カメラ)を用いたお腹を切らない、患者さんのからだへの負担の小さい治療法が用いられるようになってきました。

最近は器具、薬剤の進歩に伴い大きな病変も切除可能となった「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」と呼ばれる方法が注目されています。まず内視鏡を胃の中に入れ、病変の周囲に電気メスで印をつけます(図1)。

次いで薬剤を病変の下(粘膜下層といいます)に注入し粘膜を浮かせます(図2)。
その後、専用のナイフを用いて病変周囲を切開し、剥ぎ取っていきます(図3,4,5)。ESDでは従来の方法より大きな病変が一括で切除でき正確な病理診断も可能です。

このESDによる治療は当院でも平成16年秋から導入し、現在までに60例を超える治療を行いました。大きさ2cmくらいの病変なら胃内の部位にもよりますが処置は一時間程度ですみ、その間は鎮静剤で半分眠った状態で痛みの無いまま終わってしまいます。

入院が必要ですが切除後の潰瘍の治療も含め8~10日の入院ですみます。

ESDの対象となるのは、粘膜内に留まるがんで、リンパ節転移の可能性がほとんど無いことが基本要件です。

具体的には、1) 粘膜内癌:胃の表層(粘膜内)にがん細胞が留まっているもの、2) 分化型癌:がん細胞の形や並び方が胃の粘膜の構造を残しているもの、3)大きさが2cm 以下のもの、4) 潰瘍を伴っていないもの、の四条件を満たすものとなっています。

早期発見のためにも、自覚症状のない時からきちんと検診を受けられることをお勧めします。

  1. 図はオリンパス お腹の健康ドットコムより引用。
  2. 病変によっては時間のかかる場合があります。
  3. 治療に伴う偶発症として、出血、穿孔(胃に穴があくこと)等もあります。

担当医から事前に十分な説明を受けてください。

内視鏡を使ったお腹を切らない胃癌の治療法

(山本哲夫(元)副院長)