ページタイトル薬剤部

患者さんに安全で有効な薬物療法が行えるよう、私たち薬剤師は、調剤業務、製剤業務、医薬品管理業務、医薬品情報管理業務、薬剤管理指導等を通じ、医療チームの一員として日々取り組んでいます。

薬剤部の紹介1 薬剤部の紹介2 薬剤部の紹介3 薬剤部の紹介4 薬剤部の紹介5 薬剤部の紹介6

 

薬剤部スタッフ

薬剤部長:小川 喜通
副薬剤部長:竹山 知志
調剤主任:山足 敏昭
製剤主任:宮前 文明
薬剤師:福田 和希
薬剤師:村富 裕貴
薬剤師:田子 淳

認定・専門薬剤師取得状況

日本病院薬剤師会
・がん薬物療法認定薬剤師:小川 喜通、山足 敏昭

日本医療薬学会
・がん指導薬剤師:小川 喜通
・がん専門薬剤師:小川 喜通

日本薬剤師研修センター
・認定実務実習指導薬剤師:竹山 知志、宮前 文明

日本化学療法学会
・抗菌化学療法認定薬剤師:竹山 知志

医療福祉検定協会
・医療環境管理士:竹山 知志

日本静脈経腸栄養学会
・栄養サポートチーム(NST)専門薬剤師:竹山 知志

日本糖尿病療養指導士認定機構
・日本糖尿病療養指導士:宮前 文明

 

薬学部学生(または既卒)のみなさんへ

当薬剤部の見学を希望される方は、気軽に薬剤部までご連絡ください。いつでも歓迎します。 また、長期実務実習も受入れ可能です。

平成28年2月4日より一部のお薬で一般名処方を始めます

薬剤部からのお知らせ

一般名処方では、「先発品」や「ジェネリック薬(後発品)」を患者さまに選んで頂くことができます。対象のお薬には 【般】 という文字が印字されます。

処方せん 例えば、 「【般】ファモチジン錠20mg」の場合、先発品の「ガスター錠20mg」または、いろいろな製薬会社から発売されているジェネリック薬(後発品)の中からも、自由に選ぶことができます。

詳しくは、かかりつけ薬局の薬剤師、または、当院お薬窓口にてご相談ください。

問い合わせ先
国立病院機構米子医療センター 薬剤部
電話番号:0859-33-7111(代表)


詳しくは平成28年2月4日より一部のお薬で一般名処方を始めます(PDF)をご覧ください